疲労 薬

【薬】疲労回復の薬

疲労回復の薬とはなにか?

「これを飲めば疲労がゼロに!」という薬があったなら、かなりの人数が、それなりの金額を出して購入するのではないのでしょうか。それくらい、「疲労と戦い」は大きな問題です。ですが現代の医学では、そんな便利な薬は開発されていません。そのため、サプリメントなどでマグネシウムあるいはビタミンB2などを補給することになります。病気由来の疲労でない限り、実は医者にかかっても「疲労回復の薬」「疲労を根源から治す薬」は処方されません。点滴をうってもらえば多少楽になりますが、これも中身はブドウ糖ですから、「薬」というのとはちょっと違う気がします。(ただ、慢性的な疲労感がある場合は一度は医師に診断を受けましょう。上記で触れたように病気由来の可能性が否定できないからです)

結局のところ、生活習慣の改善がカギ

結局のところ、疲労回復の最大の薬というのは、生活習慣の改善である、ということになります。寝不足や食生活の偏り、喫煙、ストレスなどから疲労は起こります。そのため、これらの生活を改善することでしか、疲労はなくなってはくれないのです。
極端な言い方をするのなら、こと疲労に関しては、サプリメントも点滴も対処療法にすぎません。もちろんその手助けを借りるのは非常に有用なことですが、疲労が「なくなる」わけではないのです。
とても難しいことですが、良質な睡眠、バランスのよい食事、禁煙、ストレスフリーなこと。それが疲労の一番の薬です。